So-net無料ブログ作成
検索選択

運動と体操をする [便秘の解消方法]

便秘の解消方法として、運動と体操について考えていきましょう。

運動や体操をすることは便秘の解消法になりますよ!

運動といっても簡単な体操や、マッサージ程度の軽い運動でかまいません。

便秘の解消法として、なぜ運動や体操が必要なのかについて解説していきます。

まず私達現代人は、交通機関や電化製品の発達という喜ばしいことによって快適な生活を得ることができました。

ですがこれは同時に、その環境で生きる私達にとって慢性的な運動の不足という現象をもたらすことに繋がってしまったのです。

便秘で悩まされている方の多くが、運動や積極的に体を動かすということをしていないので、慢性的な運動の不足は、排泄という行為においても大きく影響を及ぼしてしまいます。

これはお年寄りや女性の方に便秘で悩まされている方が多いということから分かるように、排泄をスムーズにすることは、体力や筋力が必要だからなのです。

ここでポイントに挙げておきたいのが、腹筋です。

体が衰える、特に腹筋の力が低下してしまうと大腸が下降気味になってしまいますので、果たすべき役割を、スムーズに果たすことができなくなってしまうのです。

いざ排泄する時に、りきむ力が必要なので、この腹筋を運動や体操などで適度に鍛えてあげるということは、便秘の解消にも大きく効果が期待できると思います。

また体操や運動などで腹筋を鍛えるということは、腸に刺激を与えてくれますので、積極的な大腸のぜんどう運動が期待でき、しっかりとした便意を起こしてくれるようにもなりますし、運動や体操によって、身体の新陳代謝が高まりますので自律神経の改善や、健康にも、良いといえるのではないでしょうか。

妊婦の便秘 解消法 [便秘解消の基礎知識]

妊婦の便秘解消について解説していきます。

妊婦さんはしっかりとチェックしていくようにしましょう!

まず妊娠中になりますと、黄体ホルモンという女性ホルモンのひとつが活発に作用する為、大腸の働きを鈍くさせてしまいます。

そのため妊娠中の妊婦は、便通が悪くなってしまうことも多く、さらに、排出するべき便自体も硬くなることもあります。

また妊娠初期時の「つわり」によって、食事の量も減りますので排便の回数も少なくなります。

こういった状況が排便のリズムを狂わせてしまうことになりますので、便秘に悩まれている妊婦さんも多いと思います。

この状態を解消する方法としましては、しっかりと水分を摂ることや、散歩や体操などで適度な運動をすることをまず行ってください。

妊娠中ということであっても、便秘の解消する方法そのものは、何か特別なことが必要ということではないのです。

普段と同じような食事や水分補給、運動、体操を行っていき、排便のリズムを一定に保つことが大事なのです。

それでも食欲の減退がある場合は、食物繊維の入っている果物や食べ物をとったり、今ではマタニティビクスという妊婦さん向けの、新しい体操もありますので、こうしたことに参加することもよいでしょう。

また便秘になってしまったからといって、ストレスを感じてしまうことはいけません。

厳密に言ってしまえば、便通が悪いからといってもお腹の中の赤ちゃんに悪影響があるわけではないからです。

妊婦の方は様々な不安があるかとは思いますが、あまり神経質にならずに心身をリラックスさせてあげることが、やはり1番良い便秘の解消方法なのです。

腸内洗浄 [便秘の解消方法]

便秘の解消法として腸内洗浄について説明していきます。
 
腸内洗浄は便秘の解消に効果のある方法として最近注目されています。

簡単に腸内洗浄を説明いたしますと、腸内を洗浄して溜まっている便の排出を促して、腸の中の環境を健やかに整えることで便秘の解消に効果のある方法でハイドロコロンセラピーとも呼ばれています。

またこの腸内洗浄は便秘の解消だけでなく、美肌効果やデトックス、大腸がんの予防など、様々な効果・効能が期待できるという方法になります。

一口に腸内洗浄といってもサプリメントや薬品を使用したり、いろいろな種類の方法があるのですが、よく知られているものでは腸内に温水を注入して洗浄するという方法でしょう。

これの方法は、直腸に専用の挿入館管を入れて、体温と同じぐらいの温度のキレイな温水を腸の中に入れて洗浄するという方法です。

これによって、大腸のぜんどう運動を活発化させることができますし、溜まっている宿便なども取り除くことができます。

一説によりますと膨れ上がったお腹が、まっ平になるほどの効果があったという話も聞きます。

今では家庭でも気軽にできる器具が市販されていますが、やはり衛生面や安心を考えるとしっかりと設備の整った病院やクリニックで、事前に専門家としっかりと相談した上で腸内洗浄をするのがよいと思います。

腸内洗浄は、モデルや芸能人の方など美に感度の高い方が実践されていますし、あの故ダイアナ妃も定期的に行なっていたというほどですから、便秘や下痢でお悩みの方はこの腸内洗浄を、1度試して試してみるのもいいかもしれません。

便秘薬は最終手段! [便秘の解消方法]

便秘の解消法として便秘薬について説明していきます。

まず説明する前に言っておきたいこととしましては、

「便秘薬の方法は、最終手段!!」

ということです。

これはなぜかと言いますと、便秘の原因にもいろいろとありますので、安易な考えで、便秘薬を使用すると副作用として、
逆に強烈な下痢や、腹痛をもたらすことがあるからです。

また妊婦・妊娠されている方などは、便秘になりやすいのですが、妊娠中の妊婦が、便秘薬を使用することはお腹の胎児に
影響を及ぼさないとはかぎりませんので、妊娠中の妊婦が便秘薬を使用する場合は、専門の医者に必ず相談をするようしましょう。

そして薬の使用において特に注意が必要なのは、けいれん性の便秘と症候性便秘です。

これらの便秘に薬を使用してしますと、副作用で悪化してしまう可能性がありますので、まずは何が原因でなのかを理解したうえで、最終手段として便秘薬を使うようにしましょう。

コーラックや、武田(タケダ)漢方便秘薬などの、市販されている便秘薬は副作用も少ないようにされていますが、購入の際は薬剤師に成分を聞いてから自分でも大丈夫と判断した上で購入しましょう。

なにはともあれ、薬の使用は最小限にとどめ、食事や生活改善からの便秘の解消を目指すことをしっかりと意識しましょう!!

漢方で便秘解消 [便秘の解消方法]

便秘の解消法として漢方について説明していきます。

漢方は自然のものなので、身体に良いものしか入っていないと思っている方も多いと思いますが、いくら漢方と言っても、薬には変わりありませんので、副作用がないとは限りません。

便秘を解消する為に薬を使用するのは、最小限にとどめるのがベストです!

市販で手軽に購入できるものでは、武田(タケダ)漢方便秘薬や、大正漢方便秘薬、ツムラ漢方便秘薬などが有名で、便秘で悩んでいる方は一度は使用した経験があると思います。

そもそも漢方というものは、症状や使用する方の体力によって一人・一人、処方が変わってくるものなので、しっかりと専門の方に相談してから処方してもらい、上手に使用するようにしましょう。

お気持ちはよく理解できますが、便秘薬も漢方も薬ですので、やはり、副作用がないとは限りません。

出来る限り、普段の食事や、生活によって解消していけるようにして、薬に頼るのは、最小限にしていけるように頑張りましょう!

便秘の種類 [便秘解消の基礎知識]

便秘の種類について解説していきます。
 
あなたはどの便秘の種類に当てはまるかチェックしてみて下さい。

便秘は大きく分けると、

■急性便秘

■慢性便秘

この2つの種類に分けられます。

この2つからさらに細分化していくと、

まず急性便秘は、比較的一時的な症状である、「一過性単純性便秘」と、病気によって引き起こる、「症候性便秘」があります。

「一過性単純性便秘」は食事を含む日常生活の変化や、ストレスが原因で引き起こる症状で、「症候性便秘」は急性的な症状の場合、腸捻転や腸閉塞などの病気にかかっている疑いがありますので、このケースの場合は病院に行くなどの注意が必要です。

次に慢性便秘は、何かしらの原因によって引き起こる「常習便秘」と、病気によって引き起こる「症候性便秘」があります。

常習便秘の代表的な症状は、
 
1、結腸性便秘
2、直腸性便秘
3、けいれん性便秘

がよくあるケースで、

1の結腸性便秘は高齢者の方によくみられ、結腸のぜんどう運動が弱い為に便を十分に外に押し出すことができないというケースです。

2の直腸性便秘は便意を無視したりすることが原因で引き起こるケースで、慣れてくると便意を感じにくくなる為に、便秘になってしまうということです。

慢性便秘の中でも特に油断できないケースが、3のけいれん性便秘で、大腸のぜんどう運動が強すぎる為に起こるもので
便秘と下痢が交互に起こったり、慢性的な下痢という症状を引き起こしてしまいます。

けいれん性便秘の症状が見られる場合は、必ず病院や専門医に相談をすることをお勧めいたします。

便秘の原因 [便秘解消の基礎知識]

便秘の原因は様々なことが考えられますが、引き起こる原因で多いものはやはり、食事や生活によるところです。

まずここでは便秘の原因について考えられる、代表的な原因を挙げていきますので、ご自身のケースに合わせて、便秘の改善の方法や対策を練っていくようにしましょう。

食べ物が原因の便秘

まず1番多い便秘の原因が食べ物・食生活です。

これは一切食べ物をとらないなどの、無理なダイエットによって、便秘の引き金になることが多いです。

特に朝食を抜くと、体の排便の機能が狂ってしまいますので、腸の活動が正常に機能しなくなってしまいます。

ダイエットをして痩せたいという気持ちは分かりますが、こういった無理な食事制限は便秘の原因になってしまいます。

またこれとは逆に暴飲暴食などの食事の過剰摂取も、便秘の原因になることがありますので注意が必要でしょう。

便意の見逃しが原因の便秘

次に挙げられる便秘の原因が、便意の見逃しです。

これは便意が起こっても忙しさや、恥ずかしさのために我慢してしまうことによって、自律神経の働きが鈍くなりますので、便意を感じにくくなってしまいます。

基本的に排便という行為は、便意があって行なう行動なので、感じることができなければ必然的に慢性的な便秘になってしまいます。

特に朝は腸の運動が活発になっっていますので、1日1回はしっかりと便意を感じたときに、排便するように心がけていくようにしましょう。

食物繊維・水分の不足が原因の便秘

食物繊維や水分不足が原因で、便秘になるケースもあります。

そもそも食物繊維というのは、排便をスムーズにしてくれる栄養素なので、ここが不足すると便秘の原因になってしまいます。

特に現代人は外食やインスタントフードなどで、慢性的な野菜不足なので、必然的に食物繊維も足りないという状態になってしまいます。

食物繊維同様水分が不足することも便秘の原因になりますので、しっかりと摂取するようにして下さい。

ストレスが原因の便秘

過敏性腸症候群という病気が年々増えているという状況から、ストレスも便秘の大きな原因に挙げられます。

これは腸の働きというのは、自律神経にコントロールされていますので、ストレスを抱え込んでしまいますと、自律神経も乱れますので、腸の機能も弱くなり、便秘になってしまうということです。

仕事や人間関係など日常でストレスにさらされる状況はたくさんありますが、ストレスをコントロールすることが便秘の解消にも繋がるのでしょう。

病気が原因の便秘

便秘を発生させる病気というものが中にはあります。

これは大腸がんや腸閉塞などで、これらの病気が原因で便秘になってしまうというケースもあります。

こういった意味から、便秘になっている方は、病気にかかっているという可能性もありますので一度、専門医に診察してもらうことをお勧めいたします。

タグ:便秘

宿便とは? [便秘解消の基礎知識]

便秘 解消の為の基礎知識で、普段からよく耳にする宿便について解説いたします。
 
宿便を改善していくことが、便秘の解消にも繋がってきますので、しっかりと勉強しましょう。

そもそも宿便というのは、小腸や大腸の内壁に数ヶ月〜何年もの間、付着してしまっているタール状の黒い便のことを指します。

この宿便の主成分は脂肪と蛋白質で腐敗がひどく、悪臭を放っており、通常の便は排出すればでるのですが、この宿便は腸内に滞り続け、健康を害する毒素を発生しているといわれています。

なぜ宿便が腸に留まってしまうのかというと、人間の腸には、シワやヒダのようなものがあるので、その部分に便が引っかかってししまって、腸の中に長く留まってしまいます。

便秘と同じように運動の不足や不適切な食事、ストレス過多などの理由で宿便も溜まるのですが、宿便が留まってしまう傾向にあるのは、やはり正常なお通じがある方よりも、便秘がちになっている方のほうが宿便が溜まる可能性も高いとされています。

宿便についてはいろいろな説があって、心臓病や動脈硬化などの重い病気にも繋がる可能性があるともいわれています。

なんにせよ排泄すべきものを、腸に溜めてしまうということは身体にとっても良い状態とは、いえることはできないでしょう。

そういったところでも腸に便が溜まってしまうという宿便を、溜まらないに改善していくということが便秘の解消にも効果があるということになるのではないでしょうか!


nice!(0) 

便秘とは? [便秘解消の基礎知識]

便秘の解消や予防・改善を目指すのであれば、まず便秘というものがどんな症状なのかについて、知る必要があります。

まずここでは便秘とはそもそも一体何なのかについて、考えていくことにしましょう。

まず便秘とは基本的に、便が大腸内に長い期間留まり、排便がスムーズに行われない状態のことを指します。

便秘の状態は人によって症状や個人差もありますが、大体一般的な健康体の方は1日1回の排便が通常とされていますが、中には3日1回の排便でも健やかになんら問題なく、生活ができているという人もいます。

逆を言えば3日1回の排便でも快適に生活を送られている方は、便秘ではないということがいえるでしょう。

また便秘は期間だけが取り上げられがちですが、排便の量が少ない時や、すっきりしない場合も、便秘のケースとして挙げられるでしょう。

ここら辺の定義や境界線については、少しあやふやで明確なものはないのですが、なんにせよ、通常では3~4日に渡って便通のない状態のことを、便秘ということです。

これら便秘の原因は様々なことが挙げられますが、この多くは普段からの生活や、いつもの食事などに気をつけることによって、改善や予防をすることが可能ですが、大腸がんなどの深刻な病気が潜んでいるというケースも考えられなくもないので、一度ぐらいは専門のお医者さんに診断してもらうこともいいでしょう。

とにかく便秘は症状や特徴に合わせて対策を施せば、ほとんど解消・改善することが可能です。

当サイトでも便秘の解消について様々な情報を提供いたしますので、勉強するようにしていきましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。